クレジットカード現金化のデメリット

投稿者:

手軽に利用できることで人気のあるクレジットカード現金化ですが、利用する際はデメリットの面もしっかり押さえる必要があります。
メリットばかりに目がいってしまうと、デメリットを見落としてしまうかもしれません
そのためは、デメリットの理解も忘れないでください。

・悪質な業者について
クレジットカード現金化のデメリットとしては、まずこの悪質な業者を挙げることができます。
現金化の業者は優良なところばかりでなく、その中には悪質な業者も存在しています。
このような悪質な業者と取引してしまうと、最終的に損失を得てしまうこともありますので注意しましょう。
損失の例としては、高額な手数料の請求などがあります。
それぞれの会社によって仕掛けてくる手口は異なりますが、最終的に利用者が損をすることが多いです。
キャッシングより手軽に利用できるのが売りなのに、そのような損失が出てしまっては利用する意味がなくなります。
ショッピング枠現金化では、この悪質な業者の存在にも気をつける必要があります。

・利用停止の問題
クレジットカード現金化のデメリットとしては、利用停止の問題も忘れてはいけません。
実際に利用停止の処分を受けた人もいますので、今一度利用規約の確認をしてください。
クレジットカードにはカード会社が定めた利用規約があり、そこにはショッピング枠現金化利用のカード利用を禁止しています。
そのため、規約に反するような使い方をすると、カード会社から利用停止の処分をされることがあります。
カードか利用停止になると、それ以後一切使用できなくなりますので気をつけましょう。
現金化の業者を探す時は、利用規約に違反していない優良な会社を見つけることが大切です。
また、自分で行う時も同様ですので、使い方に注意してください。

・デメリットに注意してください
ショッピング枠現金化はメリットが多いように見えますが、デメリットも存在しています。
そのため利用する際は、必ずデメリットの確認をしておきましょう。
デメリットを理解できれば、利用停止のなどの処分を受けることもないでしょう。

関連記事